滋賀県 甲賀市のみどころ

甲賀市(こうかし)は、滋賀県の南部に位置する市。2004年10月1日に旧甲賀郡の旧水口町、旧甲南町、旧甲賀町、旧土山町、旧信楽町が合併して誕生した。東部から南部にかけて三重県と、南部から西部にかけて京都府と境を接する。
全国的には信楽焼や甲賀忍者の地として知られる。
市名となっている「甲賀」は市名決定の際に「こうか」「こうが」で決選投票となり、その結果、従来の例であった甲賀郡(こうかぐん)を引き継いで清音の「こうか」が自治体名となった。「こうか」は、古代にこの地方を治めた百済系豪族鹿深(かふか)氏に由来すると言われている。なお、忍者関連は「こうが」であり、「甲賀」はほとんどが「こうか」である(甲賀駅や甲賀土山ICなど)。
県東南部に位置し、大阪・名古屋から100km圏内にあり、近畿圏と中部圏を結ぶ広域交通拠点に位置する。 東部の山々から中央北部の水口丘陵南沿の谷を野洲川が、南部甲賀丘陵沿の杣谷を杣川が流れ、川筋に沿う形で平地が開けており、東端は標高1,000m級の鈴鹿山脈南嶺が北東から南西方向に走っている。南西部の信楽地区は信楽盆地の中を大戸川が流れている。
市南東部は三重県、市南西部は京都府と隣接しており、県内の市町を含めた数多くの自治体と隣接している。
市章は合併協議会で募集・選定された結果、福岡県の男性の図案が市章として制定された。図案の趣旨は「甲」の字をデフォルメしたもので、外側の円は健康で安心して暮らせる街をイメージし、その中に活気ある街の輝き、未来への希望を表現している。
南に隣接する三重県伊賀市とは、伊賀と甲賀に因み忍術対決が行われる。負けた市は勝った市のPRポスターを1年間掲示することになっている。2007年3月の対決では伊賀市、2007年11月の対決では甲賀市がいずれも市長による直接対決で勝利している。

面積 481.69平方キロメートル
総人口 92,658人 (推計人口、2011年8月1日)
人口密度 192人/平方キロメートル
隣接自治体 京都府:南山城村、和束町、宇治田原町
滋賀県:大津市、栗東市、湖南市、竜王町、日野町、東近江市
三重県:菰野町、四日市市、鈴鹿市、亀山市、伊賀市
市の木 スギ
市の花 ササユリ
市の鳥 カワセミ

旧水口町

古くから城下町、また東海道の宿場町(水口宿)として栄え、かつて水口宿は土山宿(旧・土山町)と並び、近江国(滋賀県)側の宿場町。甲賀市となった今も、市役所が置かれる中心的な町である。

歴史

1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により水口村・貴生川村・北杣村・伴谷村が成立。
1894年(明治27年)8月18日 - 水口村が町制施行し水口町となる。
1942年(昭和17年)1月1日 - 貴生川村・北杣村が合併し、貴生川町が発足。
1948年(昭和23年)10月10日 - 水口町から柏木村が分立。
1955年(昭和30年)4月15日 - 水口町・貴生川町・伴谷村・柏木村が合併し水口町が発足。
1956年(昭和31年)4月1日 - 土山町の一部を編入。
1956年(昭和31年)10月1日 - 甲賀町の一部を編入。
2004年(平成16年)10月1日 - 土山町、甲賀町、甲南町、信楽町と合併して甲賀市となった。

旧甲南町

かつて滋賀県の南東(甲賀地方)に存在した町。甲賀流の忍者で有名。

歴史

1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により寺庄村・龍池村・南杣村・宮村が誕生。
1942年(昭和17年)2月11日 寺庄村が町制施行し寺庄町となる。
1943年(昭和18年)2月11日 甲賀郡寺庄町・龍池村・南杣村・宮村が合併し甲南町が成立。
2004年(平成16年)10月1日 水口町、土山町、甲賀町、信楽町と合併し甲賀市となった。

旧甲賀町

かつて滋賀県の南東(甲賀地方)に存在した町で伝統的な近江売薬の地。また茶園が多い。

歴史

1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により佐山村・大原村・油日村が誕生。
1955年(昭和30年)4月1日 甲賀郡佐山村・大原村・油日村が合併し甲賀町が発足。
1956年(昭和31年)10月1日 甲賀町の一部を水口町に編入。
2004年(平成16年)10月1日 水口町、土山町、甲南町、信楽町と合併し甲賀市となった。

旧土山町

滋賀県の南東(甲賀地方)に存在した町。土山宿は東海道が鈴鹿越えをして近江国に入った、最初の宿場町。東海道五十三次では49番目に当たる。

歴史

1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、土山村・鮎河村・山内村・大野村が誕生。
1916年(大正5年)4月1日 土山村が町制施行し土山町となる。
1955年(昭和30年)4月1日 甲賀郡土山町・鮎河村・山内村・大野村が合併し土山町が発足。
1956年(昭和31年)4月1日 土山町の一部を水口町に編入する。
2004年(平成16年)10月1日 水口町、甲南町、甲賀町、信楽町と合併し甲賀市となった。

旧信楽町

滋賀県の南東(甲賀地方)に存在した町。陶磁器の信楽焼で有名である。

歴史

1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により長野村・雲井村・小原村・朝宮村・多羅尾村が誕生。
1921年(大正10年)8月15日 長野村が町制施行し長野町となる
1930年(昭和5年)11月3日 甲賀郡長野町から信楽町へ改称。
1954年(昭和29年)9月1日 甲賀郡信楽町・雲井村・小原村・朝宮村・多羅尾村と合併して信楽町が発足。
2004年(平成16年)10月1日 水口町、土山町、甲賀町、甲南町と合併し甲賀市となった。