映画『BECK』

バンドマン、フェス好きに観ておいてほしい映画『BECK』のご紹介!

1500万部発行の人気ハロルド作石の漫画『BECK』を原作とした青春映画。原作1巻から10巻までの内容を元に映像化。監督は『20世紀少年』や『TRICK』の堤幸彦、主演は『ドロップ』の水嶋ヒロ、『ROOKIES』の佐藤健や桐谷健太ら映画やドラマで高く注目されている俳優を起用。

劇中「グレイトフル・サウンド」野外ライブシーンは、フジロックフェスティバルの舞台監督や照明・音響他技術スタッフの協力のもと、2009年フジロック終了翌日に苗場スキー場フィールドオブヘブンで撮影されている。また堤幸彦は「楽器の描写はもちろんのこと登場人物が身につける服や靴も、無いものは作って原作に忠実に再現した」と小道具や衣装へのこだわりを語っている。

最後の、峯田がかき鳴らすギターシーンは、鳥肌ものの感動です。原作者のハロルド作石の意向によりコユキ(佐藤 健)のボーカルパートが別の音に挿げ替えられる、あるいは無音で処理されて聴くことができないので観覧の際には注意が必要である。また竜介と栄二のバンドであるシリアルママのボーカルも聴くことができない。ハロルド作石自身は「何回観ても発見があるし、それぞれのキャラクターに物語があっていろんな形で感情移入できるのがすごい」と映画の出来を評価している。

ストーリー

平凡な毎日を送っていたごく普通の高校生・コユキ。ふとした偶然から、ニューヨーク帰りの帰国子女で天才ギタリスト竜介と出会い、音楽の魅力にのめりこんでいく。
竜介の下、最高の音楽を目指して結成されたバンド・BECK。
だが、皆が胸に抱いていた夢、日本最大のロックフェス出演が実現しかけた矢先、竜介は、愛用のギター・ルシールと共に突如失踪してしまう。
さらに、敏腕の音楽プロデューサーによる妨害で、バンドの存続にかかわる大きな危機が訪れる。
BECKの運命は ――。

キャスト

南竜介(Ray) - 水嶋ヒロ
ニューヨーク帰りのギタリスト。釣り堀に住み込みで働いている。
田中幸雄(コユキ) - 佐藤健
生来の天才ボーカリスト。竜介と出会い、並外れたボーカルの才能を遺憾なく発揮する。
千葉恒美 - 桐谷健太
喧嘩早く曲がったことが大嫌い。BECKのムードメーカーで、ラップ・ヴォーカル担当。
桜井裕志(サク) - 中村蒼
コユキの学校へ転校してくる。コユキの親友。ドラム担当。
平義行 - 向井理
BECKの年長者であり、冷静で聡明なベーシスト。
南真帆 - 忽那汐里
アメリカンスクールに通う竜介の妹。コユキの才能をいち早く見出す。
斉藤研一 - カンニング竹山
コユキのギターの師匠。
佐藤和緒 - 松下由樹
グレイトフル・サウンドを主催するイベント会社メタルグルーの社長。
益岡弘美 - 倉内沙莉
コユキとサクの同級生。新体操部。
兵藤マサル - 桜田通
コユキとサクの同級生。コユキをパシリに使う不良。原作にあった音楽を通じてコユキを認める場面が一切ない。
ダイイング・ブリード
エディ・リー - ブレット・ペンバートン(Brett Pemberton)
マッド・リード - トッド・シムコ (Todd Shymko)
ベル・アーム
木村栄ニ - 水上剣星
諸積ヨシト - 古川雄大
メジャーデビュー曲のプロモーションビデオをジム・ウォルシュが手がけている。なお原作では破格の契約金を提示されてもジムは製作を断っている。
蘭 - 中村獅童
東郷 - 川野直輝
北沢力也 - 高橋努
軽音楽部に所属しているがギターの腕前は今ひとつ。原作では短気な暴れん坊だが曲がった事が大嫌いな一面があったが、映画版ではこの一面が一切なく、ただの悪役になった。
ジョン・リー・デイヴィス - フロイド・リー
レオン・サイクス - サンキ・リー
特別出演
竹中直人
桂南光
有吉弘行
品川祐
蝶野正洋
もたいまさこ
羽鳥慎一(日本テレビアナウンサー・・声のみ)
マキシマムザホルモン

スタッフ

  • 原作 - ハロルド作石「BECK」
  • 監督 - 堤幸彦
  • 制作総指揮 - 迫本淳一、宮崎洋
  • 製作 - 野田助嗣、大山昌作、村上博保、阿佐美弘恭、北川直樹、久松猛朗、吉羽治
  • 企画・プロデューサー - 吉田繁暁、藤村直人
  • エグゼクティブプロデューサー - 秋元一孝、奥田誠治、亀井威
  • 制作プロデューサー - 澤岳司、妹尾祥太
  • 脚本 - 大石哲也
  • 音楽 - GRAND FUNK ink.
  • 音楽プロデューサー - 茂木英興
  • 撮影 - 唐沢悟
  • 美術 - 相馬直樹
  • 照明 - 木村匡博
  • 録音 - 鴇田満男
  • 装飾 - 茂木豊
  • スタイリスト - 宇都宮いく子
  • ヘアメイク - 池田真希
  • スクリプター - 奥平綾子
  • 編集 - 伊藤伸行
  • 衣裳 - 横山奈未
  • VFXスーパーバイザー - 定岡雅人
  • VFXプロデューサー - 土屋真治
  • 音響効果 - 北田雅也
  • 現場編集 - 似内千晶
  • 衣裳 - 横山奈未
  • 助監督 - 白石達也
  • 制作担当 - 横山奈未
  • 制作担当 - 大日方教史、篠宮隆浩
  • プロレス指導 - GENTARO、佐々木貴
  • ライン・プロデューサー - 原田耕治
  • 宣伝プロデューサー - 栗原俊志
  • 製作 - 松竹、日本テレビ、読売テレビ、D.N.ドリームパートナーズ、ソニー・ミュージックエンタテインメント、衛星劇場、講談社、STV、MMT、SDT、CTV、HTV、FBS
  • スペシャルサンクス - フジロックフェスティバル
  • 制作プロダクション - モンスター☆ウルトラ
  • 配給 - 松竹

主題歌

  • オープニングテーマ - レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「Around the World」
  • エンディングテーマ - オアシス「Don't Look Back in Anger」
  • 劇中歌- BECK「EVOLUTION」原曲-Rage Against the Machine「Guerrilla Radio」
  • 劇中歌- BECK(コユキ作曲)「MOON BEAMS」 原曲-SPANK PAGE「BOY」